亀頭包皮炎

包茎というもので、やはり避けて通れない悩みが病気です。原因として、亀頭と包皮の間に汚れや垢などが溜まりやすくなるからです。それを何日も放置しておくとで病気へとつながっていくということなんです。仮性包茎の人は、自分で皮を剥くことができますので、毎日こまめに洗っておけば十分に病気は防ぐことができます。それしか予防法はないということもいえます。そこではたして、包茎が原因で起こる病気で、どういった病名の病気があるのか。

包茎のなりやすい病気で「亀頭包皮炎」という病気があります。普通の人には馴染みの薄い病名です。どういった病気なのかといえば、要は二つの病気が合わさったものが「亀頭包皮炎」というものなんです。亀頭に起こる病気は亀頭炎、包皮に起こる病気は包皮炎、この二つが合わさって「亀頭包皮炎」という病気になるのです。一般的な症状として、包皮が赤く変色して膨張し、亀頭と包皮内板に炎症が起きてしまう病気です。

自発的に痛みも生じてきますし、排尿のときにも激しい痛みが生じてきてしまいます。これをほおって置いたりすると、病気が悪化して排尿に支障をきたすことがありますので、生活上でかなりの困難なことになってしまうこともあります。再発もかなり懸念されますが、きちんと清潔にしておくだけで、「亀頭包皮炎」の再発の予防が十分にできます。やはりそれでも、頻繁に「亀頭包皮炎」にかかってしまうという方は速やかに病院へ行き、医師の指導を受けることをオススメします。

Copyright © 2014 包茎は病気? All Rights Reserved.